【西野亮廣エンタメ研究所】オンラインサロン バックナンバー

オンラインサロンではキングコング西野氏が毎日記事を投稿されていて、過去1年が経過した記事は自由に使用できるというメンバー限定特典がございます。 facebookは過去の記事を遡って読むのが面倒なので随時まとめて行きます。

2018年3月17日の投稿【やんわり憎たらしいLINEスタンプ】

※この記事は2018年3月17日に投稿された記事です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 

オンラインサロンメンバーから、「えんとつ町のプペルのLINEスタンプを作ってもいいですか?」という投稿があったので、それについての僕の考えをまとめておきます。

結論から言うと、「プペルのLINEスタンプを作るのは全然オッケーです。ただ、“かわいいスタンプ”は需要がないと思います」です。

LINEはコミュニケーションツールなので、当然、LINEスタンプには、コミュニケーションを加速させてあげる要素が必要で、“かわいいスタンプ”には、それがないんだよね。

LINEスタンプでハマるのは“やんわり憎たらしいスタンプ”。

“やんわり憎たらしいスタンプ”が送られてくると、そこから「うるせーよ」というツッコミが発生する。
つまり、“やんわり憎たらしいスタンプ”には、返せる(参加できる)余白があるんだよね。

かわいいスタンプ=一方通行
やんわり憎たらしいスタンプ=インタラクティブ

「デザイン」は、ビジュアルだけじゃなくて、こういった、人の心理や、人の動きまで見越して、先回りしなくちゃいけない。
もっと言うと「問題解決」だね。

デザイナーとして、需要がある人と、そうでない人の決定的な違いはソコ。

「絵」を描くのではなく、「絵を含めた人の動き」までを描く。

それが、とーーーーっても大事です。

 
今朝のオンラインサロン講座でした。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

西野亮廣エンタメ研究所

オンラインサロン入会ページのリンクはこちら→https://salon.otogimachi.jp