【西野亮廣エンタメ研究所】オンラインサロン バックナンバー

オンラインサロンではキングコング西野氏が毎日記事を投稿されていて、過去1年が経過した記事は自由に使用できるというメンバー限定特典がございます。 facebookは過去の記事を遡って読むのが面倒なので随時まとめて行きます。

2018年3月17日の投稿【えんとつ町のプペル光る絵本展in川西】

※この記事は2018年3月17日に投稿された記事です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 

えんとつ町のプペル光る絵本展in川西』に行ってきた。

最高でした。
スタッフの皆様に感謝感謝感謝。

オンラインサロンの中なので、1つだけ正直な意見を言うと、音楽が残念だった。

静かなハープの曲(プペルの曲)が流れていて、静粛にしなきゃいけない雰囲気になっていた。

えんとつ町のプペル』は音楽を最初に作って、その音楽に会わせて、背景やキャラクターを作っていったので、音楽を変えてしまうと、世界観がチグハグになってしまう。

ハープ奏者のAGATAさんを前に出してあげたい(宣伝してあげたい)スタッフさんの狙いや、優しい気持ちはとても理解できるのだけれど、
世界観に合っていない音楽は逆宣伝で、「なんでオリジナルの楽曲じゃねーんだよ」というネガティブな感情がAGATAさんに集まってしまう。

マキシマムザホルモンのLIVEに行ったら、なんと今回だけ特別に全曲ピアノバージョンだった」みたいな感じ。
この時、「ふざけんなよ。そんなの待ってたんじゃねーんだよ」という声が、ピアニストにいってしまう。

ピアニストには責任はない。
ピアニストは呼ばれて来ただけなので。

プロデュースというのは、そこまで見越して、演出し、スタッフを配置しなきゃいけない。
変化球(特別感)を投げた時の副作用も把握しておかなきゃいけないわけだ。

ただ、これはあくまで僕個人の意見で、皆が皆、そうではないということだけ、念をおしておく。
そして、こういう意見はオンラインサロンだから言っている、ということも重ねて。

あらためて、『えんとつ町のプペル 光る絵本展in川西』は最高だった。
スタッフの皆様、本当にありがとうございます!

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

西野亮廣エンタメ研究所

オンラインサロン入会ページのリンクはこちら→https://salon.otogimachi.jp