【西野亮廣エンタメ研究所】オンラインサロン バックナンバー

オンラインサロンではキングコング西野氏が毎日記事を投稿されていて、過去1年が経過した記事は自由に使用できるというメンバー限定特典がございます。 facebookは過去の記事を遡って読むのが面倒なので随時まとめて行きます。

2018年2月15日の投稿【アンチの人から】

※この記事は2018年2月15日に投稿された記事です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


アンチの人から

 

「レターポットは、レターを買う人が減って、レターの総量が減るので、レターの奪い合いになる」

 

とコメントをいただいたんだけれど、
その指摘は激しくハズレていて、
ユーザー数がどれだけ増えても、レターを買う人の比率は全然変わらないんだよね。

 

ちなみにレターの総量はちょっとずつ増えていて、お気づきの方もいらっしゃるかもしれないが、「平均所持レター」はここ一ヶ月で4レターほど増えた。

 

『公開ポット』に贈られたレターは市場から消滅するので、『公開ポット』を立ち上げたり、立ち上げなかったりで、この「平均所持レター」を調整することができる。

 

それにしても、レターを買う人の比率が変わらない。

 

運営側としては有難いことだし、比率の不思議に対しては「面白いなぁ」と思う反面、
僕はすべての理由を把握しておきたいので、
レターを買う人の心情や、
レターを買う人の比率が変わらない理由は明確にしておきたい。

 

たとえば、SHOWROOMだと、ギフティングをした人は前に来れるし、名前も読んでもらえるし、優越感に浸れる。
そこにはインセンティブがキチンとあるんだよね。

 

ただレターポットにはそれがない。
それでもレターを買う人がいる。

 

ここ、メチャクチャ知りたいし、議論したい。

 

皆さんがレターを買った理由を教えてくださいな、

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
西野亮廣エンタメ研究所
オンラインサロン入会ページのリンクはこちら→https://salon.otogimachi.jp