【西野亮廣エンタメ研究所】オンラインサロン バックナンバー

オンラインサロンではキングコング西野氏が毎日記事を投稿されていて、過去1年が経過した記事は自由に使用できるというメンバー限定特典がございます。 facebookは過去の記事を遡って読むのが面倒なので随時まとめて行きます。

2018年1月28日の投稿【レターポットユーザーを1ヶ月ほど追いかけてみた感想】

※この記事は2018年1月28日に投稿された記事です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


《レターポットユーザーを1ヶ月ほど追いかけてみた感想》

 

まず大前提として現在のレターポットは《アルファ版》なので、使い方にも幅を持たせておきたいし、運営が予想していなかった使い方が出てきて欲しいので、どの使い方も「正解」としておきたい。

 

その上で、あかまで僕目線で、「上手く使えているなぁ」と思う人と、そうでもない人がいるので、整理しておく。

 

登録だけして、自分からは何もアクションを起こさず「レターが回ってこない」と愚痴る人

 

ひたすら「レターをください」を連呼する人

 

レターを獲得する為に、ひたすらレターポットに関する呟きを続ける人

 

純粋に「レターポット」に興味を持って、研究し、呟きを続けている人

 

普段の自分の活動(呟き)の最後にレターポットのリンクを貼る人

 

レターポットの本質を捉えて、普段の生活を「与えるモード」に少しずつシフトチェンジしている人

 

 

 

だいたい、この6パターンだ。

 

①の人は、これまでの人生もずっとそうであったのだろうなぁと思う。
こういう人は何をやっても上手くいかない。

 

②が上手くいくのは最初だけで、長続きしない。

 

③は「レターを貰うため」に呟いているので、どこかでバテる。
「レターについて呟かなかったら、レターが入ってこないじゃないか!」という誤った結論を出す可能性がある。

 

④は研究材料として「レターポット」を選んで、結果、レターが集まっている人。
僕がまさにこれだな。

 

⑤は一番自然。これまで通りの活動を続けて、出口でリンクを貼れば、自分の活動に自然とポイントが入るので、自由度が拡がる。
田村Pや小谷や目黒なんかがソレ。
もともとレターポットと相性が良い。

 

⑥は僕の理想だな。レターポットをキッカケに、最終的には、こういう人が増えればいい。

 

 
こうして見ると、現時点では①~③の人にはレターポットは向いていない。
レターポットが向いているのは④~⑥の人。

 

僕の読みでは、④の人は研究を続けていくうちに、お金の本質が血となり肉となり骨となり、時間の問題で⑥の人に化けると思う。
「見返りを求めずに与えた方がコスパがいいよね」という結論を出すハズだ。 

 

引き続き、研究していきます。

 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
西野亮廣エンタメ研究所
オンラインサロン入会ページのリンクはこちら→https://salon.otogimachi.jp