【西野亮廣エンタメ研究所】オンラインサロン バックナンバー

オンラインサロンではキングコング西野氏が毎日記事を投稿されていて、過去1年が経過した記事は自由に使用できるというメンバー限定特典がございます。 facebookは過去の記事を遡って読むのが面倒なので随時まとめて行きます。

2018年1月2日の投稿【レターポット】

※この記事は2018年1月2日に投稿された記事です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

一日20時間ほど、レターポットにヘバリついている。
2~3分おきにエゴサーチをかけて、インターネット上に投下されたレターポットに関するコメントは全て目を通している。

 

まだまだ信用経済についての世間のリテラシーが低いのか、それとも僕がレターポットの未来を信じすぎているのか、とにもかくにも、レターポットの認識には、まだまだ開きがある。

 

とりわけ、

 

「レターを貰った!めちゃくちゃ嬉しい!」と呟いている人に対して、
「換金できなければ意味がねえよ!」と返す人とは、もう会話ができないレベル。

 

贈ってもらった時点で満足感が発生していれば、贈りもの(プレゼント)としては、それで完結している。
くわえて、レターポットは、その「嬉しさ」を次の誰かに、自分のタイミングで贈ることができる。

 

「通貨」という言葉を使うと、99%の人が、「法定通貨(紙幣や硬貨)との換金が担保されていて当然」と考える。

 

ちょっと待ってくれ。

 

もともと金(きん)の受取証であった「紙幣」を、僕らはもう換金していないじゃないか。

 

通貨の本質は“換金性”の有無ではなく、“信用”の有無だ。
その媒介物に「価値がある」と皆が知っていれば(信用していれば)、その媒介物は、貝殻であろうが、金であろうが、紙幣であろうが、「文字」であろうが、それは「通貨」として機能する。

 

そして。

 

今、僕が最も面白がっているレターポットのスペックは、信用(「ありがとう」を言われた回数)が数値化されていることだ。

 

有名人ではなく、田村さんや小谷が多くのレターを集めている。
レターポットが信用度を計測するスカウターになっていることが最高に面白い。

 

この度、数値化された信用度は、今後、様々な場面で判断材料として使われると僕は見ている。

 

通貨の機能は「保管」「尺度」「交換」の3つがあるが、レターポットの一番面白い部分は、「尺度」だと思う。

 

1月6日の占いフェス(西野の登壇時間は12時半~)は、この話をしたいな。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
西野亮廣エンタメ研究所
オンラインサロン入会ページのリンクはこちら→https://salon.otogimachi.jp