【西野亮廣エンタメ研究所】オンラインサロン バックナンバー

オンラインサロンではキングコング西野氏が毎日記事を投稿されていて、過去1年が経過した記事は自由に使用できるというメンバー限定特典がございます。 facebookは過去の記事を遡って読むのが面倒なので随時まとめて行きます。

2018年1月5日の投稿【メモ】

※この記事は2018年1月5日に投稿された記事です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【メモ】

20代の女の子がメルカリで香水を売っていて、それが全然売れてなくて、凹んでいるかと思いきや、その逆で、
「100ウォッチ付いてるー!」
「3イイネが付いてるー( ≧∀≦)ノ」
と喜んでいた。

つまり、メルカリをやる理由が「売ってお金を得ること」ではなかったのだ。

SNSネイティブ世代は、「お金」よりも「いいね」に価値を見いだしていて、お金同様、「いいね」に供給量が決まっていれば、それは『通貨』になりうると僕は考えている。

それが、レターポット。

レターポットで「カードを持っていない人がレターを買えない」という状態は、サービスにとってはむしろプラスだと僕は考えていて、レターを採掘できる人が採掘をすればいい。

あとは、レターを採掘した人が、ほんの少し報われる仕組みがあれば更にいいかも。

海外でレターポットを使っている人がいる。
その国のお金に換金するわけではないので、たしかにボーダレスだ。
もしかすると、文字単価も整える必要はないのかもしれない。

『Hello』も『こんにちは』も、5レターだ。

言語によって、文字単価を決めるのは極めて難しい。

このまま世界に展開していきたいな。

InstagramTwitter同様、ホーム画面から言語説明を全て排除して、デザイナーのハヤシさんには「絵だけでわかるアイコンを作ってください」とお願いしている。

『非常口』のマークのような。

とっとと世界を獲りたい。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
西野亮廣エンタメ研究所
オンラインサロン入会ページのリンクはこちら→https://salon.otogimachi.jp