【西野亮廣エンタメ研究所】オンラインサロン バックナンバー

オンラインサロンではキングコング西野氏が毎日記事を投稿されていて、過去1年が経過した記事は自由に使用できるというメンバー限定特典がございます。 facebookは過去の記事を遡って読むのが面倒なので随時まとめて行きます。

2018年3月27日の投稿【ラオス滞在記②】

※この記事は2018年3月27日に投稿された記事です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 

ラオス滞在記②】

 

写真はリクルートマーケティングパートナーズ代表の山口さんと、鬼売れっ子編集者のコルク佐渡島さんと急遽結成した『ダイエット部』のワンシーン。

今回の旅は食べて呑む機会が本当に多いので、食事前に小一時間ジョギングすることを鉄の掟とした『ダイエット部』
目標は「1キロ痩せて帰国するぞ」

藤原和博先生にしてもそう。
今回の旅の同行者は皆、超忙しい人ばかり。
一年前から、どうにかこうにかスケジュールを調整して、ラオスに来た。

たとえば佐渡島さんの4~5日をまとめて貰えることなんて、東京にいたら無理なので、移動中はスマホの電源を切って、皆でひたすらお喋り(『議論』とよんだ方が近いかも)。

そんな中で、「『漫画村』について、どんな対策を考えてるんですか?」と漫画編集者の佐渡島さんに質問したところ、

スマホネイティブ世代からすると、情報コンテンツはゼロ円が常識なので、対策に時間とお金をかけるだけ無駄ですね。つまり、対策に時間を割けば割くほど疲弊していくと思います」

さすがの佐渡島さん。
話は続きます。

「コルクは漫画がゼロ円で読まれる未来が来ることを前提で設計しているので、『漫画村』に関しては、締め切りが少し早まった程度です」

実に気持ちが良い。

まったくもって同感で、情報コンテンツがゼロ円になる未来は、とっくの昔に始まっていて、回避できる類いのものではないので、情報コンテンツはゼロ円ベースで計画を立てた方がいい。

一番最悪なのは、利用者のモラルに訴えかけること。
「作者が食っていけなくなるので、お金を払ってください!」と言いたくなる気持ちは分かるが、それでは問題解決にならない。
僕らがモラルに訴えかけて問題を解決できる生き物なら、一番最初に戦争が無くなっている。

しかもだ。

「作者が食えなくなるから、読む時にお金を払って」というモラルは、旧時代のモラルであり、現代のモラルではない。
ここがポイントだ。

都道府県をまたぐ時に、お金を払ってください。じゃないと関所で生活している人が食っていけなくなります!」
と言っているようなもの。

もっと良い喩えを募集しています。

※昔は有料だったが、現代は無料になったもの。

 

f:id:isvim:20190314202747j:plain

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

西野亮廣エンタメ研究所

オンラインサロン入会ページのリンクはこちら→https://salon.otogimachi.jp

2018年3月27日の投稿【ラオス滞在記①】

※この記事は2018年3月27日に投稿された記事です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 

ラオス滞在記】

 

ラオスの村の小学校。

学校の床はこの調子で、当然、雨の日は雨漏りもするし、地面がぬかるむ。
靴を持っている子もいれば、裸足の子もいた。
台風で校舎が倒れることもあるらしい。
「日本に生まれた時点で勝ち組だ」とは、よく言うが、それを目の当たりにした。

たぶん、僕は、ラオスに学校を建てることになると思う。
ウチの母ちゃんとかは険しい表情をするけれど、やっぱり僕は貯金なんて要らないし、自分が働いていただいたお金は再分配した方がいいという考えだ。

通帳に入っている数字が、ラオスの学校に変わるだけの話で、僕の富が減るわけではないし、むしろ、そっちの方がお金が生きてくる。

ただ、「一人の人間がお金を払って終わり」では、どこかで支援に限界がくるだろうな。
クラウドファンディングでお金を集めても、同じこと。

永続的に支援できる仕組みを作らなきゃいけないなぁ。
オンラインサロンの売り上げで、新しいサービスを作り続けているような、ココの感じを。

それにしても、子供達の目が綺麗だった。
皆、素直で、皆、よく笑った。
劣悪な環境であることには違いないが、不幸には見えなかったな。
何なんだろう?
彼らは、僕らが持っていない何を持っているのだろう?

もう少し探る時間が欲しいな。

ラオスは、ただいま深夜3時。
明日は朝から、もっと田舎の集落にいく。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

西野亮廣エンタメ研究所

オンラインサロン入会ページのリンクはこちら→https://salon.otogimachi.jp

2018年3月25日の投稿【ハロウィン】

※この記事は2018年3月25日に投稿された記事です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 

先日、投稿したハロウィンの夜(10月31日)のイベントの件について。

代々木公園に『臨時銭湯』を作って、メイクを落として帰ってもらう案は、「オバケから人間に戻る」というストーリーも相まって、メチャクチャ面白いんだけれど、解決しなきゃいけないのは…

①汚れを落とすだけの湯量、そして泡はどこに流すのか?

酒気帯び客をどこまで受け入れるのか?

という二つの問題があるなぁ。

②に関しては、実際に人が溺死してしまう可能性もあるし、かといって、ハロウィンの日に『酒気帯びNG』はどう転ぶんだろう?

ここがクリアできれば最高なんだけどなぁ。

どうしたもんだか…

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

西野亮廣エンタメ研究所

オンラインサロン入会ページのリンクはこちら→https://salon.otogimachi.jp

2018年3月25日の投稿【昨日、思ったこと】

※この記事は2018年3月25日に投稿された記事です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 

【昨日、思ったこと】

『交流会』でステージ上での一人1分のプレゼンタイムを設けたんだけれど、その時、目の前のステージで一生懸命プレゼンしている人がいるのに、客席にいる僕に話しかけてくる人がいて、「私、こんなことがやりたいんですけど…」と。

他人のプレゼンはお構いなしで、とにかく自分が最優先。
話しかけてきた人と僕の話が盛り上がっちゃうと、ステージ上でプレゼンしている人は、どんな気持ちになるだろう?

そこまで配慮がまわらない(優しくない)人の作るサービスや作品が、お客さんに刺さるわけがなくて、その時点でアウト。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

西野亮廣エンタメ研究所

オンラインサロン入会ページのリンクはこちら→https://salon.otogimachi.jp

2018年3月23日の投稿【呟き】

※この記事は2018年3月23日に投稿された記事です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 

【呟き】

ベッキーにしても、元SMAPの三人の売り出し方にしても、活動再開後、ずーっと上滑りしている。

原因は、「虚像」が崩れたのに、まだ「虚像」をやろうとしているからだろうな。

僕がマネージャーだったら、あれだけの(大スターの)フリが効いているのだから、絶対に、ライブチケットとかCDを街中で手売りさせるなぁ。
あと、ドサまわりもさせる。

「元SMAPが手売り」の方が“落ちぶれた感”が出て、応援する余白が生まれるし、『物語』もあるので、結果的にメディアにも取り上げられるから、広告的に見ても、コスパがいい。

きっと、秋元康さんも同じことをされると思う。

プライドが邪魔するんだろうな。

そういえば全然話は変わるけど、一昨日、堀江さんや、堀江さんのロケット開発チームの人達と呑んでいた時に「工場を見学してみて、率直な意見をちょうだい」と言われたので、「僕だったら、ロケット開発の横で牛を飼うか、それが難しかったら、ロケットを発射する時の映像の中に『牛を避難させるシーン』を差し込みます。その方が、民間が飛ばしている感が出るので」と意見した。

それにしても、大樹町の人達は本当に素敵だったなぁ。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

西野亮廣エンタメ研究所

オンラインサロン入会ページのリンクはこちら→https://salon.otogimachi.jp